性病検査も保険の対象となるのか

性病検査に保険は使えるのか?

>

保険が使えない例外とは

保険証忘れ、定期検査はだめですか?

保険が使えない例外としては4つあげられます。
1つ目は、保険証忘れ、保険証の有効期限切れです。
保険証はコピーではだめってこと、ちゃんと知っていますか?
ずっと通っている病院などでない限り、原本をもっていかないと医療機関に信用してもらえないのです。
また、健康保険証の期限が切れていたり、退職などにより保険適用の資格を失ってしまった場合も保険証がないことと同じになりますので保険適用はできませんので、各自しっかりチェックしておきましょう。

2つ目は、結婚時の健康診断です。
結婚する時に、万が一ということで性病検査を受ける方がいるかもしれません。
この場合の検査は、入学時や就職時の健康診断と同じ考え方で健康保険は適用されないのです。

こんな場合も例外になります!

次に、保険が使えない例外の3つ目と4つ目を説明します。
3つ目は、保険の制約がある場合です。
医療機関の医師が必要だと判断した場合でも、健康保険で制限があって保険の適用ができない時もあるのです。
1つの検査を行った後に他に何か別の検査が必要だったとしても、保険では認められないことがあるのです。

4つ目は、やむを得ない事情がないのに治療を拒否する場合です。
健康保険は、国民が健康に暮らせるようにという理念のもとあるものですから、原則は検査の先に治療があります。
妊娠やアレルギーなど、やむを得ない事情がある場合は仕方がありませんが、そうでない場合に治療を拒否すると保険適用がなされない場合もありますので、ご注意ください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る