性病検査も保険の対象となるのか

性病検査に保険は使えるのか?

>

保険の適用範囲はどこまで?

性病検査、保険適用できる場合もあります。

病院で性病の検査をすると、保険適用ができる場合とできない場合があります。
できる場合というのは、病院に行く前から痛みなどの自覚症状がある場合です。
その場合、診察代と検査費用は通常通りの3割負担になります。

ただ、痛みなどの症状はなにもないけれど不安だから検査してほしい、という場合は保険適用ができません。
検査の結果が出て、性病に感染していることが分かった場合のみ保険が適用されます。
そして、それ以降の治療にも全て保険は適用することができます。

性病というものはだいたい自覚症状がないことが多いのですが、現在の保険のきまりではこのようになっています。
よくよく考えると、健康保険というものは病気の人のためのものなので、仕方がないのでしょうね。

保険関係なしに検査できるところは?

病院で検査をする際は、保険の適用ができるかどうか気にしなければなりません。
ただ、検査をするだけならば病院でなくても受けることができます。

例えば、保健所があげられますね。
保健所で受ける検査は原則無料となっていて、名前を言う必要がありません。
検査を行う時にも他の人とある程度会わないようにしてくれている場合が多いので、他の人に知られると恥ずかしいと思っている人には良いですね。

ただ、保健所で行う検査は社会的に影響が大きい病気を中心になっているため、病院よりは検査項目が少ないので、保健所だけで検査を終えられない場合もあります。
また、病院と違って毎日いつでも検査をしているわけではないので、いつ検査をしているのか調べてから行かなくてはなりません。
もし自覚症状がなくて、不安に思っている人がいたらまずは保健所に行ってみるといいかもしれませんね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る